Archive

For 7月, 2008

うへぇ

No Comments

悪魔の試験週間が始まってしまった・・・・・
しばらく更新できないと思います

皆さんお元気で・・・・・

かゆ・・・うm(ry

Flex4

No Comments

Flex4が公開されたらしいよん コードネームはGumbo
ソースはここ
Download Flex4

詳しい説明はこちらで
Gumbo (Flex SDK 次期バージョン) の発表
Flex 4 (Gumbo) のプレゼン

Adobeの新機軸,Flash/AIR/モバイルのオープン化戦略が与える恩恵とは

No Comments

面白い記事が出ております

Adobeの新機軸,Flash/AIR/モバイルのオープン化戦略が与える恩恵とは

名前空間

No Comments

AS3の定義済みの名前空間にはpublic、private、protected、internal があります
何も書かない場合デフォルトはinternalになります

今回はそんな名前空間の説明ではなくてw
カスタム名前空間を使うお話

AS3では定義済みの名前空間のほかにも自分で名前空間を作ることが出来ます
名前空間の定義の仕方は
変数宣言varのように名前空間宣言namespaceを使います

namespace name [= uri]

名前空間に明示的にURIを定義して名前空間定義を一意にすることができます。
例えば
[source=’as’3]namespace ton = "http://ton-up.net/";[/source]
こんな感じ
URI を省略することもできます。その場合、コンパイラは URI の代わりに一意の内部 ID ストリングを作成します。この内部 ID ストリングにはアクセスできません。

namespace ton;

普段はこのようにURIを省略したほうがラク

次はこの定義した名前空間に定義を配置する方法
関数、変数、定数にカスタム名前空間を適用することができます
publicなどの名前空間と同じです


ton function hoge():void{ }
ton var hoge_:int = 0;
ton const HOGE:int = 100;

名前空間を適用する際の注意

・適用できる名前空間は宣言ごとに 1 つだけです。

・名前空間属性を一度に複数の定義に適用することはできません。

 つまり、10 個の異なる関数に名前空間を適用する場合、

 10 個の異なる関数それぞれに名前空間を属性として追加する必要があります。

・名前空間とアクセス制御指定子は相互に排他的であるため、

 名前空間を適用すると、アクセス制御指定子を指定することはできません。

 つまり、名前空間を適用すると、public、private、protected、または internal として

 関数またはプロパティを宣言することはできません。

んで、これらを参照する方法
publicやprivateなどの名前空間の場合は明示的に参照する必要はありませんでしたが、
カスタム名前空間は明示的に参照する必要があります
use namespace ディレクティブで名前空間を参照するか、名前修飾子 (::) を使用して名前空間で名前を修飾できます


use namespace ton;
hoge();
trace(hoge_);

use namespace で名前空間を開くとそのコードブロック内で名前空間の名前にアクセスすることができます
名前空間は何個も開くことができますが明示的に閉じることはできません。
あまり開きすぎると名前の衝突が起きやすくなるので注意

名前修飾子(::)を使用した場合は名前が衝突することはありません

ton::hoge();
trace(ton::hoge_);

また名前空間の変数を作ってアクセスすることもできます

var ns:Namespace = ton;
ns::hoge();
trace(ns::hoge_);

これらを利用した例をおいときます

This movie requires Flash Player 9


package {
	import flash.display.Sprite;
	import flash.events.MouseEvent;
	import flash.text.TextField;

	[SWF(width=100,height=100)]
	public class Test extends Sprite
	{
		public function Test()
		{
			textField.text = "Clickしてください";
			addChild(textField);
			stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK, onClick);
		}
		private var textField:TextField = new TextField();
		private namespace test1;
		private namespace test2;
		private var ns:Namespace = test1;
		
		test1 function test():void{
			textField.text = "test1";
		}
		test2 function test():void{
			textField.text = "test2";
		}
		private function onClick(event:MouseEvent):void{
			if(ns == test1){
				ns = test2;
			}else{
				ns = test1;
			}
			ns::test();
		}
	}
}

フリーのEclipse用AIRプラグイン「AIR GEAR 1.0.0」リリース

No Comments

フリーのEclipse用AIRプラグイン「AIR GEAR 1.0.0」リリース、WYSIWYGでAIR開発OK!

EclipseでAIRが作れるみたいです
HTMLベースとMXMLでつくるFlexベースのどちらでもできるみたい
すごーい!w

Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript3.0入門ノート2

No Comments
Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript3.0入門ノート2 (CD-ROM付) Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript3.0入門ノート2 (CD-ROM付)
(2008/07/19)
大重 美幸

商品詳細を見る

Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript3.0入門ノートの続編が7月19日に発売するそうです
Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript3.0入門ノートが出た頃は日本語のAS3解説本はほとんどなく、非常にありがたい本でした
続編ではカスタムイベント定義、ビットマップデータの加工、色変換、フィルタ処理、サウンド制御、FLVの活用、図形やベジェ曲線の描画などを取り上げているようです

ほしいなぁ・・・買いたい本がたくさんある・・・・w

Google/Yahoo!で動的Flashコンテンツが検索可能に

No Comments

ブログの更新さぼってごめんなさいw

ちょっとうれしいニュースのお知らせ
Flash 検索の改善についての発表
SWFコンテンツ検索に関するFAQ
Google/Yahoo!で動的Flashコンテンツが検索可能に,AdobeがSWFファイルの仕様を開示

今までも検索はできてたことはできてたんですが一部の静的テキストしか読み取れず、精度が悪くあまり信用ならないものでした。
そのため他に検索用のhtmlを用意するなど工夫が必要でしたが、Adobeがswfの仕様をyahooとgoogleに提供し協力することによってflashplayerの機能を利用し、動的なテキストも検索可能になることで精度をぐーんと上げることができます 
ということでフルフラッシュなサイトにとってはかなり助かるんじゃないでしょうか

Blue Taste Theme created by Jabox