Archive

For the Flash category

Flasherなら知っておきたいサイト・ページまとめ

No Comments

Flasherが知っておくと便利なサイト・ページをまとめてみました。
あのページどこだったかな・・・とか、こんなページあったの・・・ってなるようなサイトやページを優先的にまとめています。
主に自分用。
自分が純粋なActionScripterなので、かなりASer寄りな情報に偏ってます。

Continue reading this entry »

2013年 あけましておめでとうございます

No Comments

皆さん、2013年になりました。
あけましておめでとうございます。

今年は巳年です。
僕は巳年生まれなので年男ですね。
もう今年で24とは・・・心はまだ18歳なんですけど。

毎年1年間を振り返ると、何も成長してねえなーと思っちゃいますね。
まぁ何したか覚えてないだけですけど。

よーーく思い出してみると色々してますね。
インターンシップにいったり
Objective-C勉強してiPadアプリ作ったり
Pythonやってみたり、Perlやってみたり
あ、大学を卒業して大学院生になりましたね。
同じ大学なのであまり変わった感じはしないけど。

やっぱりそろそろhtml,css,jsを勉強しないとダメですね。
今年の目標はこれにしようかな。

あ、今年は就活しないといけません。誰か会社にいれry

2012年は尊敬できるFlasherの方や、素敵な先輩と出会えて良い年でした。
本当に人脈に恵まれてると思います。

まぁ何も考えずにぐだぐだ書いてみたけど特に意味はなく、
一番言いたいのは久しぶりにFlash書いたよってことですw
新年なのであけおめFlashです。

Happy 2013 – wonderfl build flash online

最近miimっていう、なんか作りたい学生のためのグループをやっておりまして。
その中で、みんなで集まって各々で蛇のロゴとかデザインとか1時間くらいで書いてみようっていう企画をやりました。
第一回 ロゴづくり in ハングアウト
この中で考えた案を、せっかくなので具体的にコードに書き起こしました。

やっぱりFlashが一番楽しいですね。
今年はAS4の情報が出てきそうなので楽しみです。誰だオワコンとか言った奴は。
オワコンだろうがなんだろうが好きな言語は好きなんですよ。
まぁ他の言語もやるけどね!

皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

<追記>
ソースをgithubにアップしました
ton1517/Happy2013 · GitHub https://github.com/ton1517/Happy2013

ActionScriptCompiler2.0について発表してきたよ

1 Comment

FxUG 第172回 勉強会@名古屋でActionScriptCompiler2.0について発表してきました。

僕のスライドはこっから見れるよ
http://ton1517.github.com/FxUGNagoya172-slide/

今回の勉強会はいろいろな事情で日程がズレにズレまくって参加者がまさかの6人!でしたw
そのうち4人が発表者w
そのおかげで発表中にバンバンツッコミ入れたり質問したりとかなり濃い勉強会ができました。
大人数でやるとただ発表を眺めてるだけになっちゃうので、少人数の勉強会は本当に勉強会!って感じでよかったです。

勉強会とは関係ないですが、今回のスライドはmarkdownで書いて、markdown2impressというツールを使ってスライドに変換しました。
変換してできたhtmlをgithub pagesの機能を使ってgithub上で公開しています。
こうすればmarkdownで資料を作れて、変換してpushするだけでスライドを更新できて楽でした。

ソースは自分のgithuhに公開しています。
ton1517/FxUGNagoya172-slide

AS3のインライン展開機能まとめ

No Comments

ちょっと前にFlash Builder 4.7 betaが公開されましたが、このFB4.7には次世代コンパイラであるActionScriptCompiler 2.0 (ASC2.0)が組み込まれています。

ASC2.0は高速化であったり、より仕様に厳格なコンパイルをするようになったり、色々な変更点があるのですが、今回はASC2.0からの新機能であるインライン展開機能についてまとめていきます。

※この記事はFlash Builder 4.7 beta時のものです。正式版では異なる動作をする場合があります。

10/15 追記

FxUG名古屋勉強会でASC2.0について発表しました
本記事はASC2.0 Preview1時点の情報ですが,スライドではPreview3時点の情報をまとめています
こちらのほうが情報が新しいので参考にしてください
http://ton-up.net/blog/archives/1176

Continue reading this entry »

プログラムを任意の秒数止めるWorkerのサンプル作った

1 Comment

はいタイトルの通りです
Workerを使って、任意のコード中で任意の秒数だけプログラムをストップさせることができます
Java分かる人は、Thread.sleep()と同じです

Workerで何できるかなーって考えてたら唐突に思いついた
Workerは非同期処理のためのものだけど、実は同期処理できるんです

プロジェクト一式ははgitにあげました
Flash Builder 4.7 でインポートしてください
ton1517/Waiter · GitHub

クラスは3つしかありません

  • テスト用のドキュメントクラス WaitTest.as
  • Workerを意識せずに使用できるようにラップした Waiter.as
  • Workerとして動かす WaitWorker.as

何をしてるか見て行きましょう

Continue reading this entry »

wonderflがFlashPlayer11に対応!

No Comments

ようやくwonderflがFP11に対応した!
これでFP11の新機能がいっぱい試せるね!

ってことで、2つですが、FP11の新機能を試してみたのでサンプルをwonderflにあげときました

removeChildren()

まず一つ目はremoveChildren()メソッド
子を全てremoveChildしてくれます

引数をとることもできます

removeChildren(0, 10);

とすると、0番目から10番目までの子をremoveChildしてくれます

クリックするとremoveChildren()が実行されます

FP11の新機能 removeChildren() – wonderfl build flash online

pauseForGCIfCollectionImminent

2つ目はpauseForGCIfCollectionImminent()メソッド
このメソッドは引数に閾値を与えて実行することで、GCを発動させることができます
値は0から1の範囲でデフォルトは0.75です
0に近いほどGCが発動しやすく、1に近いほど発動しにくくなります

右クリックしてShow Profilerを選ぶとわかりやすいプロファイラーがでてきます
スライダーを動かして0に近い値にしてボタンをクリックするとGCが発動してるのが分かると思います

FP11の新機能 pauseForGCIfCollectionImminent() – wonderfl build flash online

とりあえず2つだけ上げましたが他にもいろんな機能があるのでそのうちだれかがあげてくれるでしょうw
FP11の機能を使った作品はFlashPlayer11というタグにまとめられてます
きっとそのうちすごい人がStage3Dをつかったすごい作品をあげてくれたりすると思います!w
みんなもどんどん作品あげてってね!

FlashDevelop4 RC1 & AIR3 でAIR for iOSを試してみた

4 Comments

2011年10月4日、ついにFlash Player 11 と AIR 3 が出ましたね
FP11最大の目玉である3D機能とそのGPUレンダリング、その他にも地味に嬉しい新機能がいっぱいです
新機能の詳細は以下のリリースノートを御覧ください
Flash Player 11 および AIR 3 リリースノート

また少し前にFlashDevelop4のRC1がリリースされました
馬鹿全 – FlashDevelop4.0.0 RC1 リリース

このバージョンからAIR モバイルプロジェクトのテンプレートが追加されました
このプロジェクトを選択すると、AndroidとiOS向けのAIRを作成することができます
できればAndroidも試してみたかったのですが持ってないので、今回はAIR for iOSに絞って手順を紹介していきます

この記事で試した環境はWindows7 + Flex 4.5.1 SDK + AIR 3.0 SDK + FlashDevelop4.0.0RC1 + iPhone4 iOS 4.3.5 です

この記事を実際に試すには、有料のApple iOS Developer Program に登録する必要があります

こちらの記事も参考にするといいかもしれません
AIR2.7でAIR for iOSを試してみた

ちょっと長いので覚悟してくださいw

Continue reading this entry »

AS3 キーボードイベント拡張ライブラリKeyinsを公開しました

No Comments

PCを整理してたら2年前に作ったライブラリが出てきたw
この手のライブラリは皆さん俺俺ライブラリとして作っていることと思いますが、せっかくなので公開します。
MIT Licenseです。

Keyinsとは

キーボードイベントを拡張したライブラリです。
簡単に使えるよう、できるだけシンプルに設計しました。

通常キーボードイベントはKEY_DOWNとKEY_UPだけですが、
KEY_DOWN_FIRST、KEY_DOWN_FIRST_<KEY>、KEY_DOWN_<KEY>、KEY_UP_<KEY>
のイベントが追加されています。
キーを押したままFlashが非アクティブになると、KEY_UPイベントが送出されます。
また、isKeyDown(keycode:uint)メソッドを使用して特定のキーが押されているか調べることができます。
staticメソッドしか使用しないため、どこからでもキーの状態を知ることがができます。

ちなみにKey Inspectorの略です。名前が長いと使うのがしんどくなるので短くしましたw

KEY_DOWN_FIRST

KEY_DOWNイベントはキーが押されている間、常に送出されるイベントですが、
KEY_DOWN_FIRSTはキーが押された時に一回のみ送出されるイベントです。

KEY_DOWN_FIRST_<KEY>

KEY_DOWN_FIRST_は特定のキーが押されたときに一回のみ送出されるイベントです。
例えばKEY_DOWN_FIRST_Aイベントを登録するとAキーが押されたときに一回のみメソッドが実行されます。

KEY_DOWN__<KEY>

KEY_DOWN_は特定のキーが押されたときに送出されるイベントです。
例えばKEY_DOWN_Aイベントを登録するとAキーが押されたときにメソッドが実行されます。

KEY_UP_<KEY>

KEY_UP_は特定のキーが離されたときに送出されるイベントです。
例えばKEY_UP_Aイベントを登録するとAキーが離されたときにメソッドが実行されます。

isKeyDown(keycode:uint)

isKeyDown(Key.A) とすると、Aキーが押されている場合はtrueを返します。
ENTER_FRAMEハンドラーの中でキーが押されているか調べたい場合などに便利です。

Continue reading this entry »

「あ」のうた を作ってみた

No Comments

デザインあ

みなさん デザインあって知ってますか?
NHK教育の番組なんですが、中村勇吾さんが映像監修をされているそうです
色々なデザインを色々な角度から、美しい映像と音楽でみせてくれる素晴らしい番組です

このデザインあのサイトの中に、 「あ」のうたという特設サイトがあるのですが、僕はこれがすごい好きですw

作ってみた

そこで、自分でも作れないかなーと思って 「あ」のうた を真似して作ってみました

「あ」のうた – ah song – – wonderfl build flash online

オリジナルのクオリティが高すぎて挫折しそうになりましたが、なんとか見れるところまで作れました
中途半端な真似っぷりですいません、力尽きました・・・w

曲も真似して作ってみようと思ったんですが、音関係はさっぱりの初心者なので諦めました・・・
代わりにマイクや好きな曲を流せるようにしました
「あ」のうたなのに全然違うものを流しちゃって台無しな感じがしますが許してください><

FxUG名古屋勉強会でスピーカーをさせて頂きました

4 Comments

タイトルのとおりです、はいw

発表したスライドをSlideShareにアップしたので置いときます
発表時のスライドを一部加筆、修正してます

前にブログに載せたもの(AIR2.7でAIR for iOSを試してみた)とほとんど同じですが、
勉強会では実際にリモートデバッグのデモなどを行いました

アプリケーション記述ファイルのテンプレートも説明付きで用意したのでよかったら使ってください
AIR2.7でiPhoneアプリを作るときのテンプレートです
iPhone-app.xml

他の方の発表もすごく参考になりました

勉強会は勉強になるというより、いろんな方に会えたりすごい発表を聞いたりして、俺もやらなきゃ!っていう気持ちにさせてもらえるので助かってますw
今回は初めてスピーカーをさせて頂いたのですが、発表するために色々調べたりして、発表の準備自体がかなり勉強になりました
また機会があればスピーカーをさせてもらえればと思います

めっちゃ緊張したw

Blue Taste Theme created by Jabox